未分類

XMのFX計算機!6種類それぞれの使い方を詳しく解説!

FXでは必要証拠金や許容pips、スワップポイントといった、普段の生活では使わない計算を行います。

それらは本来、取引前に自身で計算をしなければなりません。

XMではそんな計算を簡単にできる計算機を無料で提供しているので、初心者の方でも安心して取引に活用できるのです。

このページでは、XMのFX計算機の使い方を詳しく解説していきます。

トウシくん
トウシくん
この計算機はとても便利なツールなので、皆さんも使い方を覚えて有効に活用してみてください。

XMで利用できる計算機の使い方

XMの公式ページ→「FXを学ぶ」→「FX計算ツール」の順にクリックすると、XMで提供されている計算機が使えます。

  • オールインワン計算ツール
  • 通貨換算ツール
  • ピップ値計算ツール
  • 証拠金計算ツール
  • スワップ計算ツール
  • 損益計算ツール

計算したい項目に合わせて上記6種類から選択可能です。

カワセちゃん
カワセちゃん
XM会員じゃなくても使えるの?
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
そうだよ。
全てのツールがログイン無しの無料で利用できるんだ。

それぞれの使い方を詳しく見ていきましょう。

オールインワン計算ツール

オールインワン計算ツールでは、必要証拠金、ピップ値、銘柄ごとのスワップ、レバレッジ、ポジションのサイズの計算ができます。

1、口座の基本通貨 JPY(日本円)などを選択
2、通貨ペア 計算をしたい通貨ペアを選択
3、証拠金のレバレッジ 取引でかけたいレバレッジを選択
4、口座タイプ マイクロ/スタンダード/ZERO口座から選択
5、ロット数量 取引したい数量を入力

上記の項目を入力すると、必要証拠金、スワップといった情報が計算できます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
通貨別の必要証拠金を計算するのにとても便利だよ。
その時のリアルタイムレートで計算してくれるんだ。

通貨換算ツール

通貨計算ツールでは、ある通貨から異なる通貨への変換した値が求められます。

1、換算前 換算する前の通貨を選択
2、金額 換算前の通貨金額を入力
3、換算後 換算したい通貨の選択

上の画像で見ると、1ドルを日本円に換算した際のレートが表示されている仕組みです。

トウシくん
トウシくん
米ドル→日本円などは馴染みがあるのですぐに計算できても、米ドル→トルコリラなどの計算は馴染みがなくて分かりづらいものもありますよね。
カワセちゃん
カワセちゃん
なるほどね。
確かに値を知らない通貨から変換する時に便利だね。

ピップ値計算ツール

ピップ値計算ツールでは、基本通貨のピップ毎の値を計算できます。

1、通貨ペア 取引したい通貨ペアを選択
2、口座の基本通貨 JPY(日本円)などを選択
3、口座タイプ マイクロ/スタンダード/ZERO口座から選択
4、ロット数量 取引したい数量を入力

口座の基本通貨に表示された数字が1pipsの損益という事です。

上の計算では、USD/JPYをスタンダード口座で1ロット取引した場合、1pipsの変動で1000円の損益が出るといった計算になります。

証拠金計算ツール

証拠金計算ツールは、オールインワン計算ツールの証拠金のみを計算できる計算機です。

1、口座の基本通貨 JPY(日本円)などを選択
2、通貨ペア 取引したい通貨ペアを選択
3、口座タイプ マイクロ/スタンダード/ZERO口座から選択
4、ロット数量 取引したい数量を入力
5、レバレッジ かけたいレバレッジを選択

上の画像で見ると、USD/JPYに1ロットの取引、レバレッジ最大500倍をかけた場合で22014.10円の証拠金が必要という計算ができます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
オールインワン計算ツールでも同じ計算はできるから、使いやすい方を選んでね。

スワップ計算ツール

スワップ計算ツールでは、各通貨の買いスワップと売りスワップの確認ができます。

こちらもオールインワン計算ツールに搭載されている機能となるので、使いやすい方を選びましょう。

1、口座の基本通貨 JPY(日本円)などを選択
2、通貨ペア 取引したい通貨ペアを選択
3、口座タイプ マイクロ/スタンダード/ZERO口座から選択
4、ロット数量 取引したい数量を入力

「計算する」の下に表示された数字を見てみましょう。

ここでは、USD/JPY1ロットの保有で買い→-231円、売り→-359円のマイナススワップが発生するようになっています。

カワセちゃん
カワセちゃん
うーん、どっちもマイナスかあ。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
マイナー通貨ペアだとプラスのスワップが付く場合もあるんだ。
スワップは各国の政策金利で変わってくるから、この計算機を使って把握しておくといいね。

損益計算ツール

損益計算ツールは、指値・逆指値決済で利益確定と損切りレートを指定する際に便利なツールです。

1、口座の基本通貨 JPY(日本円)などを選択
2、通貨ペア 取引したい通貨ペアを選択
3、口座タイプ マイクロ/スタンダード/ZERO口座から選択
4、ロット数量 取引したい数量を入力
5、オープン価格 注文したいレート
6、損切り価格を設定する 予定している損切りの価格
(1万円なら10000)
7、利益確定価格を設定する 予定している利益確定の価格
(1万円なら10000)

すると、下に損切り、利益確定のレートと値幅(pipis)が表示されます。

上の例ではUSD/JPY1ロットの取引で110.500円で売り(ショート)ポジションを持った場合の例です。

損切り価格→110.600、利益確定価格→110.400で決済すれば良いという事になります。

トウシくん
トウシくん
この画面の下にスクロールすると、pips幅を指定して損切り時と利益確定時の許容価格も把握できますよ。
1、口座の基本通貨 JPY(日本円)などを選択
2、通貨ペア 取引したい通貨ペアを選択
3、口座タイプ マイクロ/スタンダード/ZERO口座から選択
4、ロット数量 取引したい数量を入力
5、損切り設定値 損切りするpips
6、利益確定設定値 利益確定するpips
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
あらかじめ利益確定と損切りレートを指定する場合は、この数値を計算しておくと注文時の間違いがなくて済むね。

実際の利益確定損切りレートは、スプレッドが上乗せされた状態となります。
XMは変動スプレッドのため、相場状況などによってその都度スプレッド幅が変わるので注意しましょう。

XMの計算機まとめ

XMの計算機についてまとめました。

全6種類ありますが、スワップ、利益確定・損切り、必要証拠金といったFX取引において大事な計算ができるようになっているので、有効に活用していきましょう。

まずは取引前に計算機を使って許容pipsなどの確認をしておくと、注文時のミスを防げます。

トウシくん
トウシくん
口座管理や資金シミュレーションも手軽に行えますね。